オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

どこまでを目指すのかを考える

AutoCAD(オートキャド)を覚える為には、やはりある程度まとまった時間を勉強や実践に充てて、なおかつそれを継続させる必要があります。
こうした勉強を自宅で進めていく際には、相当な自己管理が必要になってくる、というのは想像出来るのではないかと思います。

自宅で「今日は勉強するか」みたいなスタンスでやっていると、逆に「今日は疲れたからやらなくて良いか」になりがちで、結局は中途半端に終わってしまう危険がある訳です。
そうした気持ち的な部分を考えると、自宅で継続して勉強をしていくのは結構難しい、という現実がある事が分かってきます。

こうした話は割と当たり前の話ですが、問題は「ではどうするのが良いのか」という部分です。

そのあたりを考えて、少々荒っぽい話ではありましたが、解決策として「ある程度基本を覚えたらすぐに仕事で覚えていく」という話を紹介しました。
これは仕事が上手く見つかるかとか、経験が少ない状態で仕事がこなせるかなど、いくつかのハードルがありますが、それを超える事が出来れば覚えるのは非常に早いです。

CADの求人

しかし実際には、思ったように仕事が見つからないなどの問題がある方が多いかも知れません。
そうした場合はどうするか、という話になりますが、現実として結局は自宅やスクールなどで経験を積んでいくしかありません。

ただ、ここで注意が必要なのは、仕事を探して見つからなかった場合で、見つからなかった原因がどこにあるのかを知っておく事が重要になってきます。
経験者の募集しかなくて…という事であれば、経験を積めば応募出来る事になりますが、そもそも求人がなかったという場合があるかも知れません。

その場合は頑張ってAutoCAD(オートキャド)を覚えたとしても、周辺にはそうした仕事がない、という可能性もあるので、勉強を始める前に色々調べておいた方が良いです。
住んでいる地域によってはそうした求人が比較的少ない可能性もありますから、まずは目的とする仕事があるのかを明確にしておく事をお勧めします。

スクールで勉強をしている場合は別ですが、自宅で独学という方の場合は、先ほども書いたような自己管理が非常に重要になってきます。
これが大変なのは事実としてある訳ですが、それを乗り越えてどうやって継続して勉強をしていくかというと、以下の点を意識しておくと比較的継続しやすいと思います。

・まずは勉強する期間を決める

・どこまでのレベルを目指すのかを決める

・覚えたらどうするかを具体的に決める

という感じで、先の事としてゴール地点を今から決めておき、そこに向かって今すぐやり始めるという感じで進めるのが効果的です。

・来月いっぱいまでに

・AutoCAD(オートキャド)の基本機能をスムーズに操作できるレベルになって

・それが出来たら求人に応募する

というような感じで決める訳です。
もちろん予定通りにいかない場合もあるとは思いますが、そもそもゴールを決めないと、今現在が予定通りなのかどうかすら分かりません。

こうした集中的な勉強というのは、陸上競技で言えば短距離走に近いものがあります。
ジョギングのような長距離走であれば、そこまで厳密にゴール地点を決めなくても走り始めることが出来ると思います。

しかしゴールを決めずに短距離走をスタートする人はいません。
100m走であれば100m先を目指して全力で走るし、200m走でもそれは同じで、それを設定しない限り全力で走ることは難しいんです。

急に陸上の話になってしまいましたが、ゴールが分からないまま全力を出し続けられるほど、人の気持ちというのは強くはありません。
これは何事においても同じだと私は思っています。

AutoCAD(オートキャド)を覚えることもひとつの挑戦ですから、まずはゴール地点を設定することが重要なんです。
それを決めてしまえば、あとはそれに向かって走っていくか、もしくは走るのをやめるかのどちらかしかありませんから。

関連記事

  1. 優先順位
  2. ステップアップ
  3. 固定の出費
  4. ステップアップ
  5. アイスクリームディッシャー
  6. 在宅勤務