オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

読んで頂きたい方

当サイトではAutoCAD(オートキャド)の機能とその具体的な使い方について説明をして、まずは仕事レベルで操作が出来るようになるまでの解説を続けていきます。
実際にはAutoCAD(オートキャド)を覚えて完了という訳にもいかないので、覚えた後でどうするのか、というあたりについても書いていくつもりです。

という事で、今回はそんな当サイトをどんな方に読んで頂きたいと思って書いているのか、という話をしてみたいと思います。
読み進めていく前に、まずはサイトの内容が自分の求めているものなのかを把握しておいた方が、お互いに無駄がないのではないか。

そのように考えているので、まずはどんな方を対象にして説明をしていくのか、というあたりの話を考えてみる事にします。
当サイトではAutoCAD(オートキャド)の機能や使い方についての説明がメインになっていますから、以下のような方を対象にしています。

・これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようと考えている方

・CADがどんなものなのかに興味がある方

・図面を描く仕事に興味がある方

という感じで、これからAutoCAD(オートキャド)を使って仕事をしていきたいと考えている方の役に立つ内容を色々書いていこうと思っています。
ただ、単純に「色々な機能がありますよ」という感じで順番に説明していっても、あんまり分かりやすい内容にはならないです。

機能を順番にずらずらと書いていくだけであれば、恐らくCAD側で付属してくるヘルプを読んでいるのと変わらないはず。
そうした単純な説明にはあまり大きな価値はないので、当サイトでは、もう少し情報を絞ってお届け出来れば良いなと考えています。

情報を絞ってというのは、あまり使わないような機能の説明はやめておき、頻繁に使うような機能を重点的に説明していくという事です。
実際にAutoCAD(オートキャド)の機能について色々と調べていくと、長年使っている私でも全然使った事がないような機能があったりします。

もちろん私がその便利な機能を単純に知らないだけという可能性もあるので、こうして解説をしている私自身も継続した勉強が必要ではあるのですが…
仕事で頻繁に使うことが出来るような機能を知らないというパターンはさすがに少なくて、大抵の機能は非常に限定されたシーンで使われる機能だったりします。

そうした機能が用意されている事自体は別にダメではなくて、場合によっては非常に便利に使うことが出来るので、あって良かったと思う場面も確かにあります。
ただ、そうした限定的なシーンで使う機能が色々ある仮名で、それを非常によく使う機能と並べて覚えようとするのはダメだと思います。

食事をする際によく使う道具で例えてみると、箸やスプーンやフォークなどの道具はほぼ毎日使う事になるので、常に取り出しやすい場所に置いてあるはずです。
しかし、アイスクリームディッシャーの使用頻度はあまり高くないはずで、その器具をスプーンなどと同じ場所に置いておくのはちょっと無駄が多いですよね。

アイスクリームディッシャーというのはコレです。

アイスクリームディッシャー

人によって使用頻度は違いますが、一般家庭ではこれを毎日使うことはまずないはず。

AutoCAD(オートキャド)でよく使う機能が箸だとすると、滅多に使わない機能がアイスクリームディッシャーという事になる訳です。
滅多に使わない機能であれば、多少面倒かも知れないけれど、その都度道具を取り出して使ってもそれほど不便ではない、という考え方です。

それよりも毎日使う事になる箸を出来るだけスムーズに取り出せるようにしておいた方が効率が良い、というのは間違いないはずです。
という事で…

当サイトに書かれている内容を一通り覚えれば、問題なくAutoCAD(オートキャド)を使うことが出来るレベルになる。
そんな情報の提供が出来るように、厳選した機能を紹介していくつもりでいますので、どうぞ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. チームで仕事
  2. 在宅勤務
  3. ステップアップ
  4. 優先順位
  5. 覚える為の期間
  6. CADの勉強